ブログ記事の構成や書き方のまとめ

ブログ記事をどうやって書いていますか?

私も始めた当初は必死に書いていたけど結果に繋がらなった日々でした。

ただ思いついた通りに書いていると読みづらい文書になってしまいます。

こんな方に読んで欲しい

  • ブログ記事を書いた経験が少ない
  • 構成や形を気にせず自由に書いていた
  • 基本的な構成や形を知りたい

意識して書くと、読者にとって読みやすい記事が上手に書けるようになります。

基本的な構造を理解して、読まれる記事を書けるようになりましょう。

目次

記事の構成は 冒頭文、本文、まとめ文にわける

この三つのエリアに分けるだけで、読みやすい記事になります。

お笑いでいう、 フリ オチ フォローみたいなものでしょうか。

  • 冒頭文、本文、まとめ文と理解しやすい構成で作ることが大事。
  • 記事の装飾に気を遣う。文字ばかりだと読みづらくなるので見やすくして途中離脱は防ぐ。
  • 集客経路を考えながら記事を作る。

冒頭文とは

記事の最初から見出しまでまでの文章です。読むことで記事の概要が書いてあります。

読者は冒頭文を読んで読むか決めるので一番重要な場所 になります。

以下の事を意識して書くのがポイント

  • 読む人が持っているであろう悩み
  • 解決策
  • 解決する理由、経験や経歴など信頼度が上がる内容
  • 悩みを解決することで得られること

冒頭文がない記事は読者が満足することはありません。

下手でいいので冒頭文を意識して書いてみてください。書くことによって慣れ、上達が見込めるようになります。

本文を書いてから冒頭文を書く順番にすると内容がブレずに纏まって書けます。

本文の書き方

ブログ記事のメインの部分になります。

伝えたいことを見出しに合わせて書くとより見やすい目次ができて読みやすくなります。

H1→H2→H3→H4

の順番で見出しを使うと読みやすい記事が出来ます。

このように、見出しをつけて書くと

目次が出来てい読みたい場所に飛べるようになって読みやすさが上がります。

有料テーマで記事を書くと見出しをつけるだけで自動に目次を作ってもらえるのでお勧め

そうじゃない人もWordpressで目次を設定できます。

また文章の流れが読みやすくなるPREP法も覚えるとより良くなります。

最初に自分の結論を書いてから話を書くので読者に自分の意見が分かりやすくなります。

  • Point(結論)
  • Reason(理由)
  • Example(具体例)
  • Point(結論)

初心者によくある失敗は

更新に気を取られて、普通の文章になることです。

収益化を目指すブログなら誰かの悩みや役に立てる記事を作ることです。

私生活や日常の意味のない文章はタブーになります。

まとめ文

本文の締め文章です。

改めて記事の内容をおさらいして読み手の悩みと解決法を整理する役割があります。

これも、読み進めるうちに内容が抜けて忘れてしまうので最後にまとめてもらえると分かりやすくなるからです。

これを行動することによって得られる「利益」「恩恵」を伝えることで読者の背中押してあげましょう

まとめ

記事の基本構成は

  • 冒頭文、本文、まとめの第三柱を意識して書く
  • 文字ばかりにならないように離脱を防ぐため、記事を装飾して読みやすくする
  • 集客経路を意識して記事の全体を考える

記事への集客して読者の行動促しまでの流れの形が出来ます。

全部を書こうとすると初心者は物凄く大変ですが、意識して数をこなすうちにできる部分が増えてくるようになったら

ライティング技術が上達していきます。

お互いに意識高めあい頑張りましょう。

あわせて読みたい
主婦が家で稼ぐために必要な心構えとコツ 主婦が月に5万でもいいから収入を増やしたい。そんな切実な思いがあってもコロナ渦中で怖くてパートにも行けない。 人に会わずに家にいたままで稼げたら良いと思う人は...
あわせて読みたい
Googleアドセンス審査に合格して広告収入を稼ぐには 今日のテーマはGoogleアドセンスで収入を貰うためにすること。 どんな人に読んでもらいたいか Googleアドセンスをこれから合格して収入をだしたい合格できるコツを知り...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる